妊娠中はむし歯や歯周病になりやすいので予防が大切。
母子健康手帳が交付されたら妊婦歯科検診を受けましょう。

1
つわりで歯を磨けないことで口腔清掃状態が低下する。
2
唾液の分泌量が減少し、pHが酸性に傾くとむし歯になりやすい。
3
間食が増えると歯の再石灰化が起こりにくくなり、
むし歯ができやすくなったり進行しやすい。
4
ホルモンバランスの変動で、歯周病菌が繁殖しやすくなる。