38DC BLOG BLOG

みわ歯科の入れ歯治療

ご希望に合わせた入れ歯を
ご提案いたします

日本国内で入れ歯を使用している方は1,000万人以上と言われており、ある調査では半数以上の方が「入れ歯が合わない」と感じているようです。入れ歯を使い始めた当初はしっかりと合っていても、口腔内の環境の変化や、入れ歯の変形などにより、次第に違和感が出るようになり、そのまま使い続けてしまうと、顎の骨の減少につながります。
入れ歯をご使用の方で、少しでも違和感があるようでしたら、お気軽にご相談ください。

Check このような場合はご相談ください

  • 入れ歯が痛い
  • 入れ歯がよく外れる
  • ぴったりと合わない・ガタガタする
  • しっかりと噛めない
  • 違和感がある
  • 入れ歯を装着すると気持ち悪い
  • 歯肉が腫れている
  • 発音が不自然
  • 取り外しが難しい
  • むし歯や歯周病になりやすくなった
  • 全身が不調 など

入れ歯の種類

入れ歯には大きく分けて
「部分入れ歯」と「総入れ歯」
があります

総入れ歯

歯を全て失ってしまった場合は、総入れ歯となります。
部分入れ歯とは違い、残っている歯に安定を求めることは難しいので、入れ歯の面積を大きくして、歯肉や粘膜に吸着させます。

部分入れ歯

歯が数本残っている場合は、部分入れ歯となります。
歯を失ってしまった部分に人工歯のついた床をのせ、残っている歯に金属のバネ(金具)を引っ掛けて安定させます。

レジン床義歯

歯科用プラスチック(レジン)を使用した保険診療の入れ歯です。安価で作製することができますが、土台となる床の部分がプラスチックのため分厚く、食べ物や飲み物の温度が伝わりづらいことや、装着時に違和感があるなどのデメリットがあります。

金属床義歯

土台となる床の部分に金属を使用した自由診療の入れ歯です。レジン床義歯と比べ、金属を使用しているため強度があり、薄く作製することが可能です。また、食べ物や飲み物の温度も伝わりやすく、違和感も少ないといったメリットがあります。
当院では、生体親和性の高いチタンやコバルトクロム、ゴールドを取り扱っています。

ノンクラスプデンチャー

金属の留め具を使用しない自由診療の入れ歯です。留め具の部分が半透明なため、目立ちにくく、審美性に優れています。また、金属アレルギーの心配もありません。
入れ歯を装着していることが周りに気づかれたくない方におすすめです。

ミラクルデンチャー

幅広い症例に対応可能で審美性に優れた自由診療の入れ歯です。他の入れ歯と比べ、小さく、軽いといったメリットがあります。また、違和感が少なく、しっかりとフィットされるため、とても安定感のある入れ歯です。今までの入れ歯ではどれもうまくいかなかった方は一度ご相談ください。

マグネットデンチャー

根っこが残っている場合に、金属の留め具を使用せず、磁石を用いて維持させる自由診療の入れ歯です。根っこの部分に、キーパーという磁石を吸着させる金属を取り付け、入れ歯には磁石を埋め込みます。安定性に優れるため、入れ歯のズレを軽減します。