38DC BLOG BLOG

みわ歯科の衛生管理

患者さんが安心して
治療を受けていただけるよう、
感染に対する様々な取り組みを
行っております

滅菌

高圧蒸気滅菌器
(オートクレーブ)

医療機関において、治療器具の使い回しはあってはならないことです。
治療で使用した器具は、必ず洗浄を行い、その後、高圧蒸気滅菌器にて高温・高圧で細菌やウィルスを死滅させます。

洗浄機

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)で滅菌を行う前に、超音波洗浄機にて器具に付着したタンパク質や血液などを洗浄します。

ハンドピース専用滅菌器

歯を削る際などに使用するタービンやコントラなどのハンドピースは専用の滅菌器にて洗浄・滅菌・注油を行い、外側だけではなく内部の汚れも徹底的に落とします。

滅菌パック

治療で使用する器具は、洗浄後、滅菌パックに入れて滅菌を行います。また、開封は、患者さんの前で行い、安心していただけるように心がけております。

ディスポーザブル

治療で使用した手袋は、患者さんごとに交換して常に新しい手袋を使用するようにしております。
また、うがいで使用するコップは紙コップ、エプロンも紙エプロンにするなど、ディスポーザブル製品を使用しております。

チェアー周りの消毒

治療で使用した器具の滅菌の他にも、スタッフや患者さんが触れた部分も治療後にしっかりと消毒を行っております。

UFB DUAL™

UFB DUAL™を設置し、配水管に付着する不純物やバイオフィルムを取り除いた常に清潔な水で診療を行っています。水道の元栓に設置していますので、診療台の水だけでなく院内の全ての水をウルトラファインバブル水にしています。

除菌水システム

診療台から出る水は、休診日など使用してない間に殺菌成分が減少し、ウイルスが存在してしまうと言われています。
当院では、ポセイドンという機械で殺菌水を作り、診療で使う水だけでなく、院内の全ての水が殺菌水となっています。

空気

エアロシステム

大学病院や国立病院、手術室などで使用される空気清浄機(エアロシステム35M)を導入しています。
病院の無菌室のような状態なので逆に換気をするとウィルスが空中を漂うことになりますので換気はしません。
ウィルス・殺菌・微粉塵・花粉などを除去して清潔で安心できるクリーンな環境となっております。

口腔外バキューム

口腔外バキュームは、歯を削る際に出る削りカスや血液、細菌などを吸引する装置です。
これがあることによって、院内感染の原因となる物質を除去でき、院内を衛生的に保つことができます。

みわ歯科は以下の施設基準を満たし、
厚生労働省から認可された
歯科外来診療環境体制加算医院です

歯科外来診療環境体制の施設基準

  • 01

    医療安全対策に関する研修を修了した歯科医師(常勤)が勤務

  • 02

    1名以上の歯科衛生士が勤務

  • 03

    AEDや血圧計、救急蘇生セット、酸素ボンベなどの緊急時に初期対応することができる救命救急の器具や薬剤などを常備

  • 04

    緊急時に円滑な対応ができるよう、他の医療機関との連携

  • 05

    口腔内に使用する歯科医療機器の洗浄・滅菌処理の徹底、患者ごとの交換など、十分な感染症対策を行っている

  • 06

    感染症患者に対する、ユニットや設備の確保

  • 07

    歯の切削や義歯・被せ物の調整などの際に飛散する、細かな物質を吸収するための口腔外バキュームを完備

  • 08

    医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示