38DC BLOG BLOG

みわ歯科の予防処置

定期的なメンテナンスで
健康な口腔内を維持しましょう

担当歯科衛生士制

「毎回違う衛生士さんだと緊張して話しにくい」という方もいらっしゃると思いますので、ご希望の方は、担当歯科衛生士制を選ぶことが可能です。
常に同じ歯科衛生士が患者さんを担当するため、コミュニケーションもとりやすく、前回からの変化から早期発見・早期治療を行うことが可能です。

唾液検査

むし歯の原因は患者さんお一人おひとり異なり、原因が違えば予防方法ももちろん異なります。まずは、原因やむし歯や歯周病のなりやすさを調べるため、唾液検査を行っております。
検査結果をもとに、患者さんお一人おひとりに合った予防・治療計画をご提案させていただきます。

Check このような場合はご相談ください

  • 歯石を除去してほしい
  • 着色を除去してほしい
  • 口臭の改善・予防をしたい
  • 口の中がねばねばする
  • クリーニング(PMTC)を希望 など

予防における
日本とスウェーデンの比較

歯科先進国と言われているスウェーデンでは、「むし歯や歯周病になる前に予防のために検診へ行く」という考えの方が多く、そのスウェーデンでは、80歳でも20本前後、自分の歯を維持することができています。予防にしっかり取り組んでいる人の割合は、スウェーデンが70%の一方、日本はその半分以下です。まだまだ日本では、予防意識が低いことが分かります。

予防内容

スケーリング

歯に付着した歯垢(プラーク)は、石灰化し、固くなります。(歯石)
通常の歯ブラシでは落とせないため、スケーラーという専用の器機を用いて歯石を除去します。

PMTC

専用の器機とフッ化物入りペーストを用いて、細菌が作る膜(バイオフィルム)を除去します。
PMTC後は、歯の表面がつるつるになり、爽快感も得られます。

ステイン除去

ジェットポリッシャーという専用の器機を用いて茶渋やタバコのヤニなどが原因による歯の着色・汚れ(ステイン)を除去します。細かい粉を混ぜたジェット水流でしっかりと落とし、ホワイトニングとは別のアプローチで白い歯をよみがえらせます。

フッ素塗布

歯に高濃度のフッ素を塗布することで、歯の再石灰化を促し、歯質を強化する働きがあります。十分な効果を得るには年3~4回塗布を行うことをおすすめしています。フッ素塗布によるむし歯予防率は約20~40%と言われています。

ブラッシング指導

毎日の歯磨きは予防の基本です。
磨き残しのないように患者さんお一人おひとりに合わせたブラッシング方法をアドバイスいたします。他にも、歯ブラシや歯みがき剤、歯間ブラシなどの選び方についてもお伝えいたします。

定期的なクリーニングで綺麗な口元へ

歯科医院へは、「痛くなってから行く」という方が多いかと思います。ですが、痛くなってからだと、むし歯も進行してしまっているケースがほとんどで、最悪の場合、抜歯をしなければいけません。
“お口の中の健康を維持すること”これはとても大切なことです。3ヶ月に1回を目安としていつまでも、綺麗で健康な歯の状態を保っていきましょう。